2012年08月11日

希望・杉山平一詩集

<希望 杉山平一詩集> 記 中尾彰秀             詩人・ピアニスト・ヒーラー

 みんなの人生を至福にする百の詩集(70)

 「希望」  杉山平一詩集 編集工房ノア 2011年 1800円 
                  B6版 151ページ 63篇

         「洗う」

<よごれた手をぬぐって 足を洗って さて と 
 立ち直って 出かけたのに 
 顔を洗って 出直してこい の啖呵を浴びたが 
 洗っても洗っても 化けの皮ははげなかった

 口惜しさに 茫然と していると 
 やさしい涙が 洗い流してくれはじめた>

     本当の意味での苦労を体験せぬ
     エリートの方々は、かような矛盾
     に重なった辛さを知らないだろう。
     詩人自らは、普通の一人の人間
     であるが、たまたま大会社の社長
     であり、なお倒産の事態。今度は
     社員に怒られる番だ。普通の人間
     が社長に化けていただけです。そん
     なこと言ったら余計怒られる。自分
     自身を救うために、出さざる負えない
     ユーモア。浄化出来はせぬかと書き
     連ねる詩。抒情性の高い美しい詩。

     もう十分浄化出来ました。ゆっくりと
     お休みください。  


Posted by nakao at 17:26Comments(0)芸術