2013年08月08日

泥に咲く花

<泥に咲く花> 記 中尾彰秀                 詩人・ピアニスト・ヒーラー

 世界を至福にする百の詩集(31)

 「泥に咲く花」 清沢桂太郎詩集 竹林館 2013年 A5版28篇 130頁 定価2000円+税

        詩以前の
        直なる苦悩
        それこそが詩
        泥ではない
        実験ではない
        毎日が本番
        それが人生
        ちなみに
        これ以上の詩は
        ない
        「私は過去の不遇に
        感謝する」

        書店に並んでいる
        どこかの有名な詩たち
        見るにつけ思うのは
        あああ 言葉がシンデレラ
        ひらめきで書かれるだけの
        美しい詩は
        実は死んでいるのである
        地球と一緒に
        生きてなんぼの詩である

        「浜村海岸にて」

<はるか彼方 地図でしか知らない 凍てつく広大な大陸から 吹きつけてくる風が
 強く冷たい

 雲は天を覆い 空と海の境界に向かって落下する 

 その堺から湧き上がるように 蒼蒼とした波が 海岸に立つ私に向かって 押し寄せてくる

 海岸に近ずいた波頭は 真白に激しく 海岸に砕け散る

 私はその冬の日の日本海の前に 為す術もなくただ佇む

 しかし カモメか 海鳥が 荒れ狂う海原の上を 低く寒風を引き裂いて飛翔し
 魚めがけて一気に急降下し また飛び上がる

 その生の強さに また一歩また一歩 自分の人生を歩もうと 決意する>  


Posted by nakao at 17:01Comments(1)芸術