2015年05月31日

死を急ぐ

<死を急ぐ> 記 中尾彰秀            詩人・ピアニスト・ヒーラー

 親戚のおじさんは
 母のお通夜で
 酒を浴びるように飲んでいた
 末期なので
 好きなことをするのだという
 
 それほどまでに酒が好きなら
 いたしかたないのだろうか
 却ってマヒして 
 痛み止めにでもなっているのかも

 人間は確かに
 好きなことをすれば良い
 次に親戚に召集がかかるなら
 彼の式だろう

 何が好きか
 価値を決めるのは
 自分自身
 サルトルがそう言っている

 人間が生きる上での源を
 好きになるべし
 などと言ったら
 余計な御世話
 でも感情でなく
 それが波動の法則

 源を忘れ果てた現代人である



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。