2013年08月11日

蝉のシャワー

<蝉とシャワー> 詩 中尾彰秀               詩人・ピアニスト・ヒーラー

 早朝いつになく激しかった
 雨が止むやいなや
 一斉に鳴き出した蝉
 遠慮のない
 宇宙の中心を鷲掴みにする
 強烈な本鳴き

 明らかに彼ら彼女らは
 自らの鳴き声を楽しんでいる
 いやむしろ
 そのパワーに呪縛され

 生命の計り得ぬうねりと
 地球の弾力封じ込め
 お経のごとき旋律は
 魂をしかと抱擁する
 ああ億万の蝉よ
 君達が一斉に鳴き止んで
 静けさのナプキンで
 宇宙の透明に
 さらなる磨きをかける時
 無数の白い光輪が
 天の星星へと昇る
 愛すべき
 空蝉の術

 今日昼前の高層マンションの出口で
 蝉のシャワーを浴びせられた
 お陰様で涼しくなりました

 蝉シャワー百薬の効あるなしや
   


Posted by nakao at 16:39Comments(0)芸術