2013年05月03日

みやざきたかし小詩集

<みやざきたかし小詩集> 記 中尾彰秀               詩人・ピアニスト・ヒーラー

 「出会い詩集」 みやざきたかし     非売品・私家版 A4一紙 上に写真あり 2013.4.1

 世界を至福にする百の詩集(14)

      「深江浜のアーモンドの花」

 <おかしなことに、その花の名前がすぐ言えなくなる
  ああ、アーモンドと覚えたはずなのに、なじみじゃないんだ
  深江浜の殺風景な工場群の一角に、その花があると知ったのは
  ここに引っ越してきてすぐだった、いままでとは別様の風景に戸惑っていた
  3月初め、大橋のたもとの桜がいち早く咲いたので写真を撮っていたら
  やはり写真を撮りに来た見知らぬ男が教えてくれたのだ
  「この向こうではアーモンドがすでに満開ですよ。」と。
  それから三週間、移転の混乱の中で、ずっと気になっていたのだ
  ナッツ会社に植えられたそれは、もう20年来の有名スポットらしい
  桜よりも10日ほど早く開花するというその花を
  桜よりも10日ほど後になって見に行ってきた
  人工島の工場街の一角の移植されたアーモンドは、なにかかなしい
  桜よりも憂愁があるようにも見えて、会社のわざとらしさも見えて
  桜よりも知られてない分さびしそうだし、無理に異郷に居るようだし
  どこかちょっと自分の境遇でもあるように思えて
  人為と「不自然」の結果であれ、ここに美しき光あり、でいいではないか
  はじめて出会ったアーモンドの花に、孤独と自負と享楽を通わせた>

      10年ほど前に”風”のゲストをしてもらったことがある。
      芦屋でE.S.国語塾をやっている詩人。
      受験のための国語もあるらしいが
      主に、人間性の育成を主眼にした塾。
      http://homepage2.
      nifty. com/eskokugozyuku/  


Posted by nakao at 17:52Comments(1)芸術