2009年11月29日

夏祭り

<<< 夏祭り >>>  句 中尾彰秀  詩人・ピアニスト・ヒーラー
                           ライフ&ライブコンサルタント

     夏祭り少年少女二百年  *

   毎年夏祭りにやってくる少年少女の瞳は違う
   こわいもの触れたさ
   好奇心いっぱいの瞳をしている
   
      太鼓を思いっきり叩いて
      ジュース一本もらい
      タコ焼き一皿ぺロリ
      結果的には何もその時点では起こらず
      何も起こらずとも
      超越的な何かが
      見守ってくれている気配だけを背負って

         今年もそうだし
         来年もそうだろう
         世の中を見直すがごとき思慮は
         哲学とも芸術とも政治とも
         
            生きる地平ででは
            何事もない一年に
            驚くべき人生の歯車が
            廻りに廻って
            二〇〇年あっという間

                * 初出 森羅通信104号 2000年6月  


Posted by nakao at 12:19Comments(1)芸術