2014年09月15日

ときめき屋正平詩集

<ときめき屋正平詩集> 記 中尾彰秀               詩人・ピアニスト・ヒーラー

 地球を至福にする百の詩集(12)

 「手塩皿上  斑鳩讃歌」 ときめき屋正平詩集 2014年 遊糸糸社 1200円+税 
                                      A5版 31篇 112頁

      反戦平和意識と
      情緒あふれる詩語が
      見事に同居して
      中国・インド・ネパールへも訪れ
      ニンマリ歴史の源を味わってから
      ときめく斑鳩讃歌

      そしてこの地球の
      異世界同時存在現象
      片や平和-----うつ病と癌の多い国
      片や戦争-----外国から兵隊が御助けに

      「食葡萄尾長鳥降臨 幻想」

<飢えのしらせが日々もたらされる 日照りが続きいくさが続きはやり病が続き
 大水が出て地はくずれ 作物や家や牛やにわとりが流される 病で立てぬ人を
 置き去りにする 目のみえぬ年寄りを道端に放り出す 偽りの菓子や偽りの肉を
 売り ごまかしだらけの家を造り売り抜ける いつわりの、おうけを企む ふたたび
 いつくしみと みたび おおらかさと よたび 平和と ごたび

 正義の心根を薄衣にくるみ 飾り帯をしっかり体に結わえて おお いとおしい人も
 舞い踊り 命こそ宝の道へ行進を誘う

 緑葉の茂みが覆う大きな樹のもとで 人がつどい安らぎを歌いかわす 蝶の群れが
 晴れたれた青空に舞い 蜂も柔らかな草と色あふれる花に戯れ はるかペルシャの
 鹿の王が岩山を駆けおりてくるか 人がおだやかに語りあい宴に酔うているこの地に
 ぶどうの実の枝をくわえた尾長鳥も舞い降りるか

 飢えの知らせがきょうも もたらされたのだけれど>



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。