2011年03月02日

ダリの椅子

<ダリの椅子> 詩 中尾彰秀           詩人・ピアニスト・ヒーラー

 人が座す為
 人に作られた椅子は
 何故常に立っているのだろう
 きりりと引き締まり
 百五十キロまでぐらいなら
 しかとお任せください

 その確たる意念は
 時として
 朝陽の逆光に
 腰ふりふり赤い涎垂らし
 我々の得も知らぬ
 深い森の湖に
 ダリの絵のごとく
 片足を伸ばす

 そう妖精たちにそそのかされて
 時たま私は声を掛けるから
 たまには横になったらと



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。