2013年11月07日

水牛の肉

<水牛の肉> 記 中尾彰秀                詩人・ピアニスト・ヒーラー

        がんばれ本物!!

      中尾彰秀詩音講座(14)

 38年程前
 ネパールはポカラで食べた水牛の肉
 ねっちりと固く
 噛み締めると草の味がした
 これこそ本物の肉

 せっかくのいい肉を
 堅いと文句言う馬鹿の為
 柔らかい偽肉(加工肉)で
 偽装していた
 多くの高級飲食店
 馬鹿に左右されない
 堂々としたプロ意識が必要ですぞ!!

 そう言えば
 10年前某レストラン喫茶で
 日替わりランチを注文したが
 たまたまその日はトンカツ
 豚ちゃんの名は桃子
 嫌々食したが
 柔らかく極めて美味であった
 しかしその味は
 言うまでもなく
 添加されたもの
 美味だけに走るのは
 ただの阿呆
 2回目は御遠慮いたします

 何れにせよ
 人生
 馬鹿の意見に
 左右されてはいけないのだ

 私のピアノインプロヴィゼイション
 たかが習ったものでなく
 その場で宇宙一体となり
 直接天降る奇跡の音楽
 誰それの作曲の曲など
 やっておりませぬ
 その都度オリジナル
 世界唯一なのよーん
 詩にせよ同じく
 派閥レベルを超えた
 宇宙一体波動癒しリアリズム

 詩集21冊
 ピアノアルバム24枚
 世界中へ好評発売中!!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。